週刊モーニング 2013年12/12号(52号)に連載されている「コウノトリ」で、先天性風疹症候群の話が出ていると伝え聞いたので、早速読みました。

CRSのことが漫画になってるのを読むとリアルに想像してしまいますね。心室中隔欠損症ということは生まれた日にすぐ分かったんだろうなあ…白内障も白杖が必要なほど視力が出なかったということは重症だったんだろうなあ…難聴は?ピアノが好きみたいだけど、本当に大丈夫なのかしら?などなど、と。

漫画の冒頭で、今年のCRS報告数、20人と出てますが、漫画を読んでいる最中に、今年25人目のCRS報告があがったというニュースがあり、げんなり。『先天性風疹症候群が報告されました』『去年から続く流行で「先天性風疹症候群」と診断された赤ちゃんは全国で○○人に上り…』という文言を見るたびに、またかよ!と思います。いつまでこんなニュースが続くのでしょうか?

また、漫画の最後に「風疹は注射一本で防げる障害」とあり、この言葉には『風疹に罹る前にワクチンを一本打っておきさえすれば子供を健康に産めたのに…』という親御さんたちの想いが込められているのですが、95~99%の人に免疫がつくとはいっても、一回の接種だけで免疫を十分に獲得できない人がいますし、定期接種対象の子供は二回接種で二本打つことになっているので「一本で防げる」というような言い方は、個人的には、あまり好きではありません。

風疹は注射一本では防げる病気ではないのです。今後再び大流行させないためには、数十本、数百本のワクチンで壁を作って、職場や学校で風疹が流行り、家庭へ持ち込まれ、そして妊婦、赤ちゃんへと、感染の連鎖が起こらないようにする必要があります。

私が風疹に感染したのは1988年で、今年のように風疹が大流行していました。お母さんの周りの人が、ワクチンを打ってくれていれば、お母さんが風疹に罹患することはなかったかもしれない。私が障害を持って生まれてくることもなかったかもしれない。そして今頃失明の恐怖を味わうこともなかったかもしれない。今年、先天性風疹症候群と診断された25人の赤ちゃんが、10年後、20年後に、私と同じように、このような思いを抱くのではないかと思うと、胸が痛みます。

今後また大流行などせぬよう、特に、男性のみなさん、風疹ワクチン接種をお願いします。感染の連鎖を防ぐために、ご家族やご友人と一緒に接種を受けてください。