CRSサバイバーによる風疹・CRS関連の情報提供や体験談のサイト。
ブログ

聴覚障害

目や耳に障害を持っている人が職場で快適に過ごすためには。

もっと軽くライトに更新できればなあと思うのですが、遅筆でなかなか更新できていません。今日は、くらげさんの『聴覚障害者の自信の無さは自分の立ち位置や能力がわからないから!?ってお話』という記事を読んで「ほんまそれ!」って思ったので、その話をしようと思います。

聞こえないために、自然に情報が入らないということは、非常に深刻な問題です。聞こえる人は特に心の準備をしなくても自然に情報が入ってくるのですが、聞こえない人は「よーし、聞くぞ!」といちいち戦闘態勢に入らないと「聞く」という動作ができません。世の中には私たちが知らない音や言葉があふれているのでしょう。

「聞く」という動作そのものも大変です。日本語を聞き取るときの負荷は、瞬間英作文を日本語でやるのと似た感じです。中学レベルの簡単な英文でもすらすらと言えずに意外と頭を使いますよね。その状態が補聴器をつけている間、要は、会社で仕事をしている間ずっと続くのです。

仕事上でのコミュニケーションは、文脈があるので、事前に辞書をセットすることで正解率が上がります。問題は何気ないちょっとした会話の理解です。文脈がないので自然に聞いて理解するということはとても難しいです。たとえば、仕事をしていて誰かが注意されていたとして、その内容を知ることはできません。なので周りの状況を把握しづらいです。今の職場に入って最初の頃は周りの様子がわからなくて、しんどさを感じました。

しかし、周りの人と仕事をスムーズに進める上では、文脈のない会話を避けて通ることはできません。仕事をしている最中に聞こえないとなると、情報収集をするチャンスはランチタイムとかでの雑談です。

私の職場の場合、基本的に部署みんなでランチを食べに行くことになっていて、任意参加なので毎回参加しないという人もいますから、行かないという選択肢も許容されています。どうせよく分からないのだから行かなくてもいいのですが、少しでも情報をキャッチするために頑張って一緒に食事をとるようにしてます。

ランチタイムで情報収集をしていると昼休みなのにろくに休めずむしろ疲れるのですが、仕事以外の場で話す機会を持っておくと、普段一緒に仕事をしない人に何かお願いするときも、互いに心理的なハードルが下がるので仕事が進めやすくなる気がします。

あとは、見えづらいために、向こうから来る人が誰だか分からず、時には上司をスルーしてしまうことすらあって、ひょっとしたら相手は自分が無視されたと思うこともあるかもしれないということが気になっていました。その対策は実はシンプルで、朝会社についたとき、帰るときに、きちんとあいさつするということでした。

今の職場は、黙っていれば仕事が来るというようなことはあまりなくて(黙ってるとどうしても人が必要な仕事しか来ない)、自分で仕事を作って「これやりたいんですけど」とアピールしないといけないのですが、少し声の音量を上げたら、仕事やそれ以外の場で周りの方から声を掛けられる機会が増えましたし、いろんな仕事が回ってくるようになりました。自分の存在を周りにきちんと知らせる、ということもわりと大事なのかもしれません。

以上の二つをまとめれば、目や耳に障害を持っている人が職場で快適に過ごすためには、自分から情報をキャッチしに行くということと、取りに行くだけじゃなくて自分から相手に情報を提供する、という二つのアプローチが必要なんじゃないかということに最近気づきました。特にオチはありませんが、以上です。

手話の本が「社会福祉」や「特別支援教育」コーナーに置かれている件について

手話に興味を持った人が書店や図書館で本を探すとき、どこを探せばよいでしょうか?たいていは社会福祉や特別支援教育といったコーナーに置かれています。言語学のコーナーで手話に関する本を見つけることはめったにありません。例えば「日本手話で学ぶ手話言語学の基礎」という本は明らかに手話言語を扱った本なのですが、私が書店で買ったときには介護福祉のコーナーに置かれていました。

2011年に公布された改正障害者基本法は、日本で法律上初めて手話を言語として位置づけました。手話が言語であるならばなぜ言語学のコーナーに置かれないのでしょうか。図書館の場合は日本十進分類法(NDC)が広く使われているので、NDCで手話の本はどのように分類されているのか調べてみました。

国立国会図書館サーチで本を対象に検索すると、369.276(社会福祉>聴覚障害者福祉.言語障害者福祉)は314件、378.28(障害児教育>手話法.指話法.読唇術)は476件。一方、801.9(言語学>言語・文字によらない伝達)は108件で、その中に最近刊行された「手話を言語と言うのなら」や2007年の「少数言語としての手話」といった手話言語の本がいくつか含まれていますが、「人は見た目が9割」など身ぶりやしぐさを扱う本も混在しています。

なぜ社会福祉や障害児教育のジャンルに入ってしまうのか。それは、現在主に使われているのがNDC新訂9版(1995年)で手話が言語であるとは公的に認められていなかった時代のものであることが原因と思われます。最新版の新訂10版(2014年)では言語学のカテゴリに入ることになりました。NDC10版改訂箇所一覧によれば、NDC10版からは801.92(手話[手話言語])が新設されるとのことです。それに合わせて369.276には「→:801.92」の参照を新設、378.28には「*手話は,801.92に収める(別法:ここに収める)」の注記が新設されるということです。

国立国会図書館で2017年4月からNDC新訂10版が適用される(日本十進分類法(NDC)新訂10版の適用について)ため、今後、言語学の本として分類されることが増えるかもしれません。まずは4月になってどう分類されるかという点が気になります。

音声認識アプリのメリット&デメリット。

情報保障の現場で音声認識ソフトの活用がすすんでいます。5年ほど前まではまだ使えるかどうか分からないという状況でしたが、実用に耐えられるレベルになりつつあります。最近では「講演・講義の音声から字幕を付けるシステムを開発 -放送大学の講義で90%以上の認識率-」という京都大学の研究成果が話題になりました。

アプリケーション開発には複数の企業が取り組んでおり、そのひとつに「UDトーク」というスマホアプリがあります。昨日の「ろうを生きる難聴を生きる」という番組でも紹介されました(会話が見える!―人をつなぐ音声認識アプリ―)。無料で気軽に試せるのがポイントで、データがサーバ上に保存されない法人プランもありミーティングの際に使用している会社もあるとのことです。

UDトークなどの音声認識アプリを活用すると、サポートに必要な人数を減らすことができ、また多くの情報量を確保できるというメリットを得られます。従来は全て手入力する必要があり常に他者のサポートが必要でした。そのサポート担当者が本来仕事をするべき時間を割いて対応してもらうことになりますし、要約筆記者を頼むのにもコストが掛かっていたのですが、やり方を工夫することで一人でミーティングに参加することも可能になります。

また、他者の手を介すとフィルタがかかってしまうのも問題となっていました。サポート担当者の立場で「これは要らないから省いてもよいだろう」と判断された情報が業務を遂行する上で必要な情報であったり、あるいは逆に、「これは必要な情報だ」と判断された情報が自分にとってはあまり意味のないものであったりするかもしれません。音声認識アプリを使えば、聴覚障害者自身が自分で必要な情報を取捨選択することができるようになります。

一方で、話声が誤って認識されることがあるのがデメリットです。認識率が低いと従来とほとんど変わらないどころが、もっと悪いことすらあります。ミーティング参加者には音声認識されやすい話し方を心がけることや同時に話さないことなどを徹底する必要があります。この点に関しては工夫で補うことができ、逆にミーティングを「見える化」することで効率化がすすみ部署全体にポジティブな効果をもたらすことができると思います。

また、複数人の雑談への対応は困難という限界もあります。聴覚障害者にとっては雑談が最も困難を感じる場面です。ランチタイムでは、騒音があり、しかも両手が塞がっている状況下で予測不可能な会話が発生します。そのような場での雑談は、仕事を気持ちよく進めるための潤滑剤のようなもので、業務のヒントを得たり同僚の新たな側面を発見したりすることができ非常に重要な情報源といえるのですが、食事中にスマホを持って喋ってくださいとは言いづらいですよね。テーブルにポンと置くだけなら簡単でいいのにと思います。

いつでも、どこでも、会話が見える。そんな時代が早く来てほしい。ミーティング、そして仕事以外での雑談に参加できないということがキャリアアップを妨げる一つの要因になっています。いろんな場に気軽に出て行けるようになるといいなあと思います。

PAGETOP
© 2013 Sakurako. BizVektor Theme by Vektor,Inc.