聞こえない人は聞こえる人のように自然に日本語を身につけるということができません。聞こえる人が英語を学ぶのと同じように訓練によって日本語を獲得していきます。そのやり方は大きく二通りあり、聴覚口話法と手話(法)とがあります。

聴覚口話法とは、残存聴力を活用して聞いたり話したりする能力を身につけていこうとする方法です。音に興味を持たせることからはじめて発音のしかたや文字のつづりかたを学んでいきます。

手話(法)は、日本手話を第一言語とし、日本語を第二言語として身につける方法で「バイリンガルろう教育」とよばれます。この方法で教育している学校は日本では明晴学園だけしかありません。まだ新しい学校なので、教育効果は今後検証されることになります。

現在は、音声言語による教育の中で手話を取り入れる方法が使われるようになってきています。かつては聾学校でも手話を禁止していましたが、近年、単語や文法の定着や互いのコミュニケーションを円滑にするために指文字や手話が有効であることが分かってきました。この場合に使われる手話は日本語ベースの日本語対応手話です。

どのような訓練や教育であれば良いのかについては長年論争が続いており、これという一つの答えはまだありません。さまざまな立場の人から意見を聞いて子供にとって一番良いと思える方法を選択することが大切です。